温泉に泊まり人間ドックいかが? 能代の病院、追加検査で

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
能代厚生医療センターと連携し、宿泊ドックの受診者を受け入れ始めたゆめろんの浴室
能代厚生医療センターと連携し、宿泊ドックの受診者を受け入れ始めたゆめろんの浴室

 温泉に泊まって人間ドックはいかが―。秋田県能代市の能代厚生医療センターと三種町の温泉施設「ゆめろん」は本年度、1泊2日の人間ドック「宿泊ドック」で2千円以上のオプション検査を受診する人に、ゆめろんへの宿泊を提供するサービスを始めた。人間ドックの受診者増加が狙いで、センターの担当者は「旅行感覚で気軽に受診してほしい」と呼び掛けている。

 宿泊ドックは、1泊2日で肺のコンピューター断層撮影装置(CT)検査や腹部の超音波検査など、十数項目の検査を行う。料金は6万5880円。受診者はこれまで初日の検査を終えた後、センター3階に設けられた3部屋の個室に宿泊していた。

(全文 958 文字 / 残り 677 文字)