レンゲツツジ鮮やか、桑ノ木台湿原 ブナ林に白い山野草も

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
見頃を迎えているレンゲツツジ
見頃を迎えているレンゲツツジ

 鳥海国定公園にある秋田県由利本荘市矢島町の桑ノ木台湿原で、レンゲツツジが見頃を迎えている。白くて丸い綿毛をつけたワタスゲも咲いており、場所によっては鳥海山を背景に、朱と白の鮮やかなコントラストが楽しめる。

 由利森林管理署によると、今年のレンゲツツジは花芽が多く、昨年より見応えがある。ワタスゲは先月下旬から綿毛をつけ始めており、あと数日、二つの花を楽しめるという。

(全文 481 文字 / 残り 298 文字)