ROAD TO 東京:女子長距離・鈴木優花 序盤から強気にレース

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
マラソンでの五輪出場を目指す鈴木=埼玉県東松山市の大東文化大総合グラウンド
マラソンでの五輪出場を目指す鈴木=埼玉県東松山市の大東文化大総合グラウンド

 本県出身の陸上選手の活躍が目覚ましい。2020年東京五輪、24年パリ五輪を見据えて練習に励み、各大会で記録を伸ばす若手にスポットを当てる。

 ◇  ◇

 陸上女子長距離の鈴木優花(19)=大東文化大2年、大曲高出=はロードレースを得意とする。昨年は大学女子駅伝でごぼう抜きを連発し、今年3月には初めて挑戦したハーフマラソンでも優勝。マラソンでの五輪出場を夢見て成長を続ける。

 序盤から飛ばし、最後の追い込みでさらに加速する。「自分でぐいぐい、行けるところまで行く」という強気なレース運びが持ち味だ。

(全文 1058 文字 / 残り 810 文字)