安倍首相「真摯に受け止める」 地上イージスずさん調査問題

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 安倍晋三首相は7日の参院本会議で、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」配備計画を巡り、防衛省が秋田市の陸上自衛隊新屋演習場を「適地」とした調査報告書に事実と異なるずさんなデータが記されていた問題に関し「地元の皆さまがさまざまな不安や懸念を持っていることは防衛省から報告を受けており、真摯(しんし)に受け止めている」と述べた。

 同じく配備候補地の陸自むつみ演習場(山口県萩市、阿武町)の調査については「検討に用いるデータに誤りはないとの報告を受けている」とした。ロシアが地上イージスを米国のミサイル防衛網の一環として懸念していることについては「純粋に防御的なシステムだ」と述べ、周辺国に脅威を与えるものではないとした。立憲民主党の白真勲、国民民主党の川井孝典両氏への答弁。

(全文 757 文字 / 残り 417 文字)