崖から車転落、男女死亡 能代署、殺人容疑で捜査【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
崖から約40メートル下に転落した乗用車(右下)=10日正午ごろ、青森県深浦町(小型無人機で撮影)
崖から約40メートル下に転落した乗用車(右下)=10日正午ごろ、青森県深浦町(小型無人機で撮影)

 9日午後5時25分ごろ、青森県深浦町大間越字筧(かけい)の国道101号沿いの飲食店駐車場で、能代署のパトカーに追跡された乗用車が崖から約40メートル下の海岸の岩場に転落し、秋田市の会社員、男性(39)と、能代市の飲食店従業員、女性(32)の2人が遺体で見つかった。司法解剖の結果、女性の死因は、首を絞められたことによる窒息死と判明。同署は、男性が8日夜から9日未明にかけて女性を殺害した後、自殺を図った可能性があるとみて捜査している。

 同署によると、乗用車は男性の所有。パトカーの署員が9日午後5時20分ごろ、現場から約1・5キロ離れた八峰町八森の道の駅はちもりで、男性の車を見つけて近づいたが、車が急発進し青森県境方向に走り去った。パトカーに気付いて逃げたとみられる。車は国道をそれて飲食店駐車場に入り、高さ約1メートルの駐車場のフェンスを突き破り転落、大破した。死亡した2人は車外に投げ出された。男性の死因は転落による多発外傷だった。

(全文 727 文字 / 残り 307 文字)