遊覧船「シーバード」14日就航へ 男鹿で記念式典

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
船川港を起点に就航する観光遊覧船「シーバード」
船川港を起点に就航する観光遊覧船「シーバード」

 秋田県男鹿市の船川港を起点に男鹿半島西海岸沿いを周遊する観光遊覧船「シーバード」(13トン、定員67人)の運航安全祈願祭と記念式典が9日、船川港岸壁で開かれ、関係者が遊覧船を活用した観光活性化へ決意を新たにした。遊覧船は14日に就航予定で、船川港と門前漁港、男鹿水族館GAOを結ぶ。

 船は新潟県粟島浦村で利用していたものを市観光協会が無償で譲り受けた。男鹿遊覧透視船株式会社(同市)が運航主体となり、市と市観光協会、JR秋田支社が協力する。

 安全祈願祭と式典には関係者約80人が出席した。式典後には希望者が試乗した。潮瀬崎近くで折り返す1時間ほどのルートで、真山、本山、寒風山や海岸沿いの町並み、帆掛島やゴジラ岩などの景色を楽しんだ。

(全文 702 文字 / 残り 384 文字)