佐竹知事「話し合いは振り出し」 イージス巡る防衛省対応で

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の調査報告書に事実と異なるデータが記されていた問題で、佐竹敬久知事は10日、候補地である陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)に隣接する県有地の売却など防衛省との協議を白紙に戻す考えを示した。「防衛省の基本姿勢には疑問がある。話は振り出しに戻った」と述べた。開会中の6月県議会本会議で佐藤正一郎氏(みらい)の質問に答えた。問題発覚を受け国への不信感をあらわにし、態度を硬化させた形だ。

 佐竹知事は報告書について「信頼性に疑問を抱かざるを得ない。全体を精査するよう求めた」と説明。

(全文 699 文字 / 残り 441 文字)