死亡女性、男性から暴力 車転落2遺体、被害届は出さず

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
崖下に転落した乗用車=10日正午ごろ、青森県深浦町(小型無人機で撮影)
崖下に転落した乗用車=10日正午ごろ、青森県深浦町(小型無人機で撮影)

 青森県深浦町で9日、秋田県警能代署のパトカーに追跡されて崖下に転落した乗用車の男女2人が死亡した事件で、死亡した能代市の飲食店従業員の女性(32)が今月初め、交際していた秋田市の会社員男性(39)=死亡=に暴力を振るわれていたことが10日、分かった。同日会見した田村敏副署長は「署はできる限りの対応はした。こうした結果になり非常に残念だ」と話した。

 同署によると、2日午前3時半ごろ、能代市の男性の実家で、女性の仕事を巡って男性が女性を殴り、男性の家族が110番する騒ぎがあった。署員の注意に、男性は謝罪。署員に被害届を出すよう勧められた女性は「家族で相談する」と返したものの、結局提出しなかったという。

(全文 1135 文字 / 残り 832 文字)