防衛省、職員居眠り謝罪 知事憤慨「真剣さがない」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
職員の居眠りを認め、謝罪する伊藤・東北防衛局長=10日、秋田市文化会館
職員の居眠りを認め、謝罪する伊藤・東北防衛局長=10日、秋田市文化会館

 陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)への配備を検討している地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」を巡り、防衛省は9、10の両日、同市山王の市文化会館で住民説明会を開いた。同省は説明会の席上、同市の勝平コミュニティセンターで8日開いた住民説明会に同席した同省職員が居眠りをしていたとして、謝罪。これに対し佐竹敬久知事は10日、「憤慨した」と怒りを隠さなかった。

 佐竹知事は10日、防衛省職員が8日の住民説明会で居眠りをしたことについて怒りをあらわにした。

(全文 448 文字 / 残り 221 文字)