地上イージス、集会所に相談窓口設置 11日は午後4時まで

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
地元住民(左)の相談に対応する東北防衛局の職員ら
地元住民(左)の相談に対応する東北防衛局の職員ら

 防衛省が陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)への配備を検討している地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」を巡り、同省は11日午前、同市新屋松美町の勝平日吉神社の集会所に住民の相談窓口を開設した。東北防衛局の職員らが対応する。

 午前10時の開設後、間もなく訪れた同市新屋松美ガ丘東町の男性(73)は「住宅密集地の近くに設置するのは納得できない。ミサイルが落ちたらどうするんだ」と職員に詰め寄っていた。

(全文 281 文字 / 残り 81 文字)