明桜優勝ならず、延長10回サヨナラ負け 春季東北高校野球

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【明桜―弘前学院聖愛】3回表1死三塁、明桜の大上が先制三塁打を放つ=荘内銀行・日新製薬スタジアム
【明桜―弘前学院聖愛】3回表1死三塁、明桜の大上が先制三塁打を放つ=荘内銀行・日新製薬スタジアム

 第66回春季東北高校野球大会最終日は11日、山形県の荘内銀行・日新製薬スタジアムで決勝を行い、本県第1代表の明桜は弘前学院聖愛(青森第2)に延長十回、4―5でサヨナラ負けを喫した。経法大付時代の1987年以来、32年ぶりの優勝はならなかった。

(全文 308 文字 / 残り 186 文字)

詳しい試合経過はこちらから