死亡女性の首に手で絞められたような跡、深浦の事件【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
クレーンでつり上げられる車=11日午前10時50分ごろ、青森県深浦町大間越
クレーンでつり上げられる車=11日午前10時50分ごろ、青森県深浦町大間越

 秋田県警のパトカーに追跡された乗用車が青森県深浦町の崖下に転落し男女2人の遺体が見つかった事件で、亡くなった能代市落合字古悪土の飲食店従業員女性(32)の首に、素手で絞められたような痕があることが11日、捜査関係者への取材で分かった。県警は、車を運転し転落死した秋田市東通1丁目の会社員の男(39)の犯行とみて、殺人容疑で捜査している。

 県警は交際関係にあった2人の間に、男の暴力行為に対する示談金を巡るトラブルがあったとの情報を把握。男女関係のもつれから犯行に及んだ可能性が高いとみている。

 捜査関係者によると、女性の首には絞められた際にできたとみられる複数の痕があった。現時点で凶器は見つかっておらず、県警が殺害方法の特定を進めている。

(全文 716 文字 / 残り 395 文字)