地方点描:藤の郷[大館支社編集部]

お気に入りに登録

 山に囲まれた農村地域に見事な花園が現れた。先月下旬、大館市山田の庭園「十ノ瀬 藤の郷(さと)」でフジが満開となった。園内には紫や白、ピンクの「花のカーテン」がずらり。甘い香りが漂い、家族連れらが写真を撮ったり、ベンチでくつろいだりしていた。

 庭園は、近くの兼業農家津島嘉弘さん(56)が管理する。以前はホップ畑だったが、20年ほど前に津島さんの父弘さんが趣味でフジなどを栽培するようになった。「開放していたが、訪れる人は少なかった」と津島さん。2年前に弘さんが亡くなり引き継いだ。

(全文 644 文字 / 残り 403 文字)