さきがけ政経懇話会:参院選へ政局はどう動く―衆院解散と首相4選論

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
共同通信社論説副委員長・川上高志さん
共同通信社論説副委員長・川上高志さん

 秋田さきがけ政経懇話会の6月例会が11日、秋田市の秋田キャッスルホテルで開かれ、共同通信社論説副委員長の川上高志さん(59)が「参院選へ政局はどう動く―衆院解散と首相4選論」と題して講演した。安倍晋三首相が今夏の衆参同日選を見送る可能性があると指摘。「(単独でも)参院選の結果は悪くないと見込み、改憲勢力で3分の2以上を占める衆院の解散は避けようとしているのではないか」と述べた。

 安倍首相の通算在職日数は今月7日、初代首相の伊藤博文を抜いて歴代3位となった。11月には歴代最長の桂太郎(2886日)を上回る見込み。

(全文 1081 文字 / 残り 822 文字)