岩屋防衛相、17日に来県で調整 知事らに経緯説明へ

お気に入りに登録

 地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」配備計画を巡り、陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)を「適地」とした防衛省調査に誤りが見つかった問題で、岩屋毅防衛相は17日を軸に本県を訪問する方向で調整に入った。佐竹敬久知事らに経緯を説明し、改めて配備への理解を求める見通しだ。政府関係者が12日、明らかにした。佐竹知事は県議会で「同省に対する住民の不信感が増している」と批判。「まずは信頼を取り戻すべきだ」と述べた。

(全文 409 文字 / 残り 204 文字)