あきたこまちと納豆で身体づくり支援 BB秋田に贈呈

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
JA全農あきたの佐藤副本部長(中央左)からブラウブリッツ秋田の千田選手(中央右にあきたこまちが贈られた贈呈式
JA全農あきたの佐藤副本部長(中央左)からブラウブリッツ秋田の千田選手(中央右にあきたこまちが贈られた贈呈式

 秋田県産食材を食べて力をつけてもらおうと、JA全農あきたとヤマダフーズは12日、サッカーJ3のブラウブリッツ秋田の選手やスタッフに、あきたこまち350キロとおはよう納豆千食を贈った。

 秋田市八橋のスペースプロジェクト・ドリームフィールドで行われた贈呈式では、JA全農あきたの佐藤英一副本部長から千田海人選手に1カ月分(50キロ)のあきたこまち、ヤマダフーズ秋田営業所の栄養士後藤妃香理さんから山田尚幸選手に1日分の納豆36食が手渡された。

(全文 369 文字 / 残り 149 文字)