吉田投手の初勝利、同期ら祝福 恩師「先発ローテ入り」期待

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
嶋崎久美さん(資料写真)
嶋崎久美さん(資料写真)

 吉田輝星投手のプロ初勝利に、金足農高時代のチームメートや恩師らからは「1軍デビュー戦とは思えない素晴らしい投球だった」などとたたえたり、祝福したりする声が聞かれた。

 金足農高時代の同期で主将だった佐々木大夢(ひろむ)さん(18)=日体大1年=は「セ・リーグ首位の広島に5回1失点はすごい。プロの1軍に通用して驚いた」と興奮気味に話した。大学の野球部の練習があったため試合を見ることはできなかったが、自分も頑張らなければならないと思い練習に力が入ったという。

 札幌ドームで観戦した同校野球部元監督の嶋崎久美さん(71)は「昨夏の甲子園を思い起こさせる素晴らしい投球だった。打者へ向かう強い気持ちが出ていた」と述べた。特に一回の1死満塁のピンチを切り抜けたことを高く評価。「勝ち投手になり、先発ローテーション入りもあるのではないか」と期待した。

(全文 628 文字 / 残り 257 文字)