湯沢城跡に来たら「御城印」どうぞ 地元男性が制作、人気に

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
制作した湯沢城跡の御城印を持つ藤森さん
制作した湯沢城跡の御城印を持つ藤森さん

 秋田県湯沢市小野で飲食店を営む藤森広大さん(38)=同市秋ノ宮=が、湯沢城跡(市中央公園)の「御城印」を制作した。御城印は寺社でもらえる御朱印のお城版で、御朱印ブームと相まって全国的に人気が高まっているという。同城跡近くの「にごう商店」で1枚300円で販売したところ、県外から買い求めに来る人もいて、観光振興に一役買っている。

 藤森さんは、2016年に山形県の寺で初めて御朱印をもらい、デザインに魅力を感じて集めるようになった。東日本を中心に約400カ所の寺社を回ったという。御城印にも興味を持つようになり、今年4月に福島県会津若松市の鶴ケ城で初めて入手した。

(全文 675 文字 / 残り 394 文字)

同じキーワードのイベント情報