地上イージス調査ミスで新たな省内組織 防衛省

お気に入りに登録

 岩屋毅防衛相は14日の記者会見で、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」配備を巡る防衛省の調査ミスを踏まえ、原田憲治防衛副大臣を長とする整備推進本部を省内に新設すると発表した。計画推進へ態勢を充実させる。

 岩屋氏は配備候補地の一つである陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)に関する調査のミスを改めて陳謝。「省内の態勢をしっかり強化する必要がある」と強調した。新組織には、イージス・アショアに関係する内局や自衛隊の各部署から人員を幅広く集める考えを示した。