女子W杯、日本初勝利で2位浮上 イングランドなど決勝Tへ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
日本―スコットランド 前半、岩渕(手前)が先制ゴールを決め、大喜びの日本イレブン=レンヌ(共同)
日本―スコットランド 前半、岩渕(手前)が先制ゴールを決め、大喜びの日本イレブン=レンヌ(共同)

 【レンヌ(フランス)共同】サッカーの女子ワールドカップ(W杯)フランス大会第8日は14日、レンヌなどで行われ、1次リーグD組の日本代表「なでしこジャパン」はスコットランドを2―1で下し、今大会初勝利を挙げた。日本は1勝1分けの勝ち点4で、同組2位に浮上した。

 日本は前半に岩渕(INAC神戸)が先制点を決め、菅沢(浦和)がPKで加点。スコットランドに終了間際に1点を返されたが、逃げ切った。

 同じD組のイングランドはアルゼンチンを1―0で下して2連勝。2位以内が確定し、16強による決勝トーナメント進出が決まった。