足取り、殺害場所分からず 深浦車転落事件、16日で1週間

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
池島容疑者の車が転落した現場。左の崖下に落ちた=14日午後0時45分ごろ、青森県深浦町
池島容疑者の車が転落した現場。左の崖下に落ちた=14日午後0時45分ごろ、青森県深浦町

 青森県深浦町の崖下に乗用車が転落し男女2人の遺体が見つかった事件は、16日で1週間となる。秋田県警能代署は、車を運転し転落死した容疑者の会社員男性(39)=秋田市東通1丁目=が、飲食店従業員女性(32)=能代市落合字古悪土=を殺害後、自殺を図ったとみて捜査している。転落前の詳しい足取りや殺害場所など、明らかになっていないことも多い。

 「女を殺した。俺も死ぬ」。9日午後、容疑者が女性を殺害したと家族や知人に電話した。能代署のパトカーに追跡された容疑者の車は同日夕、深浦町の飲食店駐車場から約40メートルの崖下に転落。首を絞められた女性の遺体が車の近くで見つかった。

 関係者によると、女性と容疑者は今年に入って交際を始めた。事件の1週間前、2人は女性の仕事を巡り、容疑者が能代市の実家で女性を殴る騒ぎになった。女性は被害届を出さなかったが、その後、騒ぎに対する示談金を容疑者に要求したとみられる。同署はこうした交際を巡るトラブルが犯行の背景にあったとみている。

(全文 808 文字 / 残り 377 文字)