元関脇豪風、来年2月に引退大相撲 北秋田市長に報告

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
引退大相撲を津谷市長に説明する押尾川親方(右)
引退大相撲を津谷市長に説明する押尾川親方(右)

 大相撲元関脇豪風の押尾川親方(39)=本名・成田旭、秋田県北秋田市出身、尾車部屋=が14日、ふるさと大使を務める同市の市役所を訪れ、断髪式を含む「引退、年寄『押尾川』襲名披露大相撲」を来年2月1日に東京・両国国技館で行うことを報告した。

 津谷永光市長に引退大相撲のポスターとチラシを渡し、「力士として最後の姿をぜひ見に来てほしい。市長にも断髪式でまげにはさみを入れてほしい」と要請。津谷市長は「名誉なこと。これまで本当に頑張っていただいた」と述べ、受諾する意向を示した。

(全文 419 文字 / 残り 183 文字)