給食にホチキス針 秋田市の小学校、けがや健康被害なし

お気に入りに登録

 秋田市教育委員会は14日、外旭川小学校(米澤司校長、527人)の給食の豚汁に、ホチキスの針などの異物が混入したと発表した。けがや健康被害は確認されていない。

 市教委によると、6年生の女子が豚汁を食べた際、おわんの縁にホチキスの針(長さ約1センチ、高さ約5ミリ)が付着していた。他の学級を確認すると、4年生の男子のおわんから赤いプラスチック片のような物(長さ約5ミリ、幅約3ミリ)が見つかった。

(全文 349 文字 / 残り 152 文字)