ニュースの「つぼ」:小坂町に日本語学校開設

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
日本語学校開設を発表する会見で握手する(左から)サスガ・グループのドミニク・コシクCEO、ジョン・ゴラブスキ会長、小坂町の細越満町長、秋田犬ツーリズムの中田直文会長=5月、小坂町役場
日本語学校開設を発表する会見で握手する(左から)サスガ・グループのドミニク・コシクCEO、ジョン・ゴラブスキ会長、小坂町の細越満町長、秋田犬ツーリズムの中田直文会長=5月、小坂町役場

 小坂町の七滝活性化拠点センターに8月、日本語学校が開設される。運営するのはオーストラリアに本部を置く語学関連企業「SASUGA GROUP(サスガ・グループ)」。米国、英国、カナダなどの生徒が約1カ月間、町内で生活しながら日本語を学び、地元住民と交流する。同社の生徒募集に対し定員を上回る応募があるといい、日本文化を深く体験したいと考える外国人の間で田舎暮らしへの関心が高まっているようだ。

 サスガ・グループが日本国内に学校を開設するのは今回が初めて。これまでは日本語の習得を目指す外国人に既存の日本語学校を紹介する事業を行っていた。しかし、実際に訪日した外国人から「もっと日本文化に触れたい」「田舎暮らしを体験したい」との声が寄せられたため、要望に応えようと自社での学校設立を計画した。

(全文 1020 文字 / 残り 675 文字)

この連載企画の記事一覧