「受け子」逮捕を利用 大仙の女性、200万円詐欺被害

お気に入りに登録

 秋田県警大仙署は14日、大仙市の60代女性がキャッシュカード2枚をだまし取られ、現金200万円を引き出される被害に遭ったと発表した。12日に同市内でキャッシュカードをだまし取る「受け子」役の男が同署などに詐欺未遂の疑いで逮捕されたことを利用し女性を信用させる手口だった。同署が注意を呼び掛けている。

 同署によると、14日午前10時15分ごろ、同署の警察官を名乗る男から女性宅に「詐欺の犯人が逮捕された。警察官がキャッシュカードを確認しに行く」と電話があった。数分後、警察官を装う男が現れ、カードを封筒に入れて銀行印で割り印し、保管するよう指示した。女性がカード2枚を封筒に入れて印鑑を取りに行っている隙に男が封筒をすり替えカードを持ち去った。

(全文 484 文字 / 残り 162 文字)