軽自動車400台ずらり、秋田市で販売会

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
約400台を集めた軽自動車まつり
約400台を集めた軽自動車まつり

 「2019県新車ディーラー軽自動車まつり」が15日、秋田市新屋町の県立スケート場で始まった。県内のディーラー12社が新車、中古車計約400台を展示販売。訪れた家族連れらが好みの一台を探し求めていた。16日まで。

 主催する秋田県軽自動車協会によると、軽自動車の展示販売会として県内最大規模。最近では高齢者を中心に、衝突軽減ブレーキなどの安全機能装置を搭載した車が人気だという。

 入場無料。午前9時半~午後5時。会場では軽食を販売しているほか、子ども向けの遊具も設置している。

(全文 406 文字 / 残り 169 文字)