男子ゴルフ、松山73で32位に 全米OPゴルフ第2日

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
第2ラウンド、2番でバンカーショットを放つ松山英樹=ペブルビーチ・リンクス(共同)
第2ラウンド、2番でバンカーショットを放つ松山英樹=ペブルビーチ・リンクス(共同)

 【ペブルビーチ(米カリフォルニア州)共同】男子ゴルフの全米オープン選手権は14日、カリフォルニア州のペブルビーチ・リンクス(パー71)で第2ラウンドが行われ、16位から出た松山英樹は3バーディー、3ボギー、1ダブルボギーの73とスコアを落とし、タイガー・ウッズ(米国)と並び通算イーブンパー、142で首位と9打差の32位に後退した。

 ゲーリー・ウッドランド(米国)が65をマークし、通算9アンダーでトップに立った。2打差の2位は2013年大会覇者のジャスティン・ローズ(英国)。大会3連覇を目指すブルックス・ケプカ(米国)は69で4アンダーの6位につけた。