北都銀、ベスト4進出ならず バド女子・全日本実業団

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
永原和可那(左)と松本麻佑
永原和可那(左)と松本麻佑

 バドミントン団体戦の全日本実業団選手権大会第4日は15日、埼玉県深谷市総合体育館で男女の準々決勝、準決勝が行われ、女子の北都銀行は準々決勝で日本ユニシス(東京)に1―3で敗れた。

 北都銀行は女子ダブルス世界ランキング1位の永原和可那、松本麻佑組がリオデジャネイロ五輪金メダルの高橋礼華、松友美佐紀組にストレート勝ちして先行したが、米元小春、田中志穂組は1―2、シングルスの川上紗恵奈、岡未涼がそれぞれストレート負けを喫した。

(全文 396 文字 / 残り 183 文字)

同じキーワードのイベント情報