自民・岸田氏、防衛省の対応批判 「配備、判断できない」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
報道陣の質問に答える岸田政調会長=能代市二ツ井町
報道陣の質問に答える岸田政調会長=能代市二ツ井町

 地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」を秋田市の陸上自衛隊新屋演習場に配備する計画を巡り、防衛省の調査報告書に事実と異なるずさんなデータが記載されていた問題について、自民党の岸田文雄政調会長は15日、「防衛省の対応は極めて緊張感を欠き、言語道断だ。(党として)配備の可否を判断できる状況にはない」との考えを示した。

 参院選へ立候補を予定している同党現職・中泉松司氏を応援するため能代市入りし、報道陣に語った。

(全文 354 文字 / 残り 146 文字)