秋田市で俳句甲子園秋田大会 最優秀句に秋田西・天野さん

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
互いの句を批評し合う高校生
互いの句を批評し合う高校生

 「俳句甲子園」の名で知られる第22回全国高校俳句選手権大会の秋田大会が15日、秋田市山王の県教育会館で行われた。秋田西(潟上市)と秋田北(秋田市)、弘前(青森県)の3校から計4チームが出場。総当たりで計6試合を行い、弘前高が優勝して全国大会出場を決めた。最優秀句には天野玖音(くおん)さん(秋田西1年)の「鞦韆(しゅうせん)やこげばこぐほどすれちがう」が選ばれた。

 NPO法人俳句甲子園実行委員会(松山市)の主催。35都道府県の95校から計120チームが出場し、全国25会場で地区大会が行われている。弘前高は青森大会が行われないため秋田大会に出場した。

(全文 530 文字 / 残り 253 文字)