県内大学の研究から[秋田公立美術大大学院・服部浩之さん]競争ではなく共存を

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
服部浩之さん
服部浩之さん

 第58回ベネチア・ビエンナーレ国際美術展(11月24日まで)が先月開幕した。日本館は「Cosmo―Eggs/宇宙の卵」と題し、美術家と音楽家、建築家、人類学者が協働して展示作品を作り上げた。企画構成を担った秋田公立美術大大学院准教授の服部浩之さん(40)に作品への思いなどを寄稿してもらった。

 ◇   ◇

 世界中で移民問題が深刻化し、日本では訪問外国人の数が年々増加している。また、原発事故や自然災害などにより暮らしていた土地を奪われ、移動を余儀なくされた人も存在する。そのような現状下で、「どこでどう生きるか」は本質的な課題だ。私たちはそれを「異なったものとしてどのように共存可能か」と読み替え、美術家、作曲家、人類学者、建築家による協働で応答した。

 起点となったのは美術家・下道基行による作品≪津波石≫だ。海底から津波の力で動かされた津波石は、突如地上に現れた異物であるが、次第に周囲には人や動植物が集まり、津波石と関係を取り結んでいた。異なるものたちが共存するプラットホームとして津波石は存在しているのだ。

(全文 1404 文字 / 残り 947 文字)

ベネチア・ビエンナーレ国際美術展

イタリア・ベネチアで開かれる現代美術の祭典。ビエンナーレは「隔年」を意味するイタリア語で開催は2年に1度。日本館は今回、津波で陸に上がった巨石の映像を展示室の四方に配し、中央には座ることもできる黄色いバルーンを設置。自動演奏のリコーダー音と、壁に刻んだ神話の言葉を重ね、詩的な「広場」を構成している。

この連載企画の記事一覧