名物・肉タンメンを再現 親からレシピ学び、埼玉で限定販売

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ランチ限定で提供される肉タンメン。左上はいぶりがっこを刻んで入れた肉そぼろご飯
ランチ限定で提供される肉タンメン。左上はいぶりがっこを刻んで入れた肉そぼろご飯

 埼玉県上尾市の洋風居酒屋「北の国バル上尾店」では、秋田県にかほ市象潟町の「園(その)食堂」の名物料理・肉タンメンが、期間限定のランチメニューとして提供されている。先月27日から今月1日まで、一日30食限定で販売したところ好評だった。17日からは第2弾が始まる。

 上尾店で肉タンメンを調理するのは、にかほ市出身で、食と栄養のコンサルティング会社「FREC」(岐阜県瑞穂市)社長の馬淵恵さん(47)=同市。園食堂は馬淵さんの実家で、「両親の味を広めたい」と思っていたところ、食の仕事を通じて知り合った上尾店運営会社の小峰敬右社長(34)の協力を得て、ランチで提供することになった。

(全文 974 文字 / 残り 685 文字)