地上イージス、防衛省対応に不満の声 秋田市民ら意見交換

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
 防衛省の調査報告書などについて意見を交わした市民トーク
防衛省の調査報告書などについて意見を交わした市民トーク

 地上イージスの配備について意見交換する「市民トークの集い」が16日、秋田市の中央市民サービスセンターで開かれ、市民ら24人が防衛省の調査報告書や説明の内容などに不満の声を上げた。

 配備に反対する活動をしている生田目昌明さん(66)=同市御所野=らが3月に続いて企画した。参加者は、報告書に事実と異なるデータが記されたことなどを問題視。「住民説明会で居眠りした職員や、謝罪の際の防衛省の態度が許せない」「秋田魁新報が報告書の誤りを見つけたが、県や市は報告書の誤りに気付かなかったのか。県と市がちゃんとチェックしたのか疑問だ」などの声が出た。

(全文 390 文字 / 残り 120 文字)