適地、防衛相「変える材料ない」 知事「うんと言えない」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
17日に会談した(左から)岩屋防衛相、佐竹知事、穂積市長。現時点で新屋演習場を「適地」とするかどうか、認識は食い違う
17日に会談した(左から)岩屋防衛相、佐竹知事、穂積市長。現時点で新屋演習場を「適地」とするかどうか、認識は食い違う

 岩屋毅防衛相は17日の佐竹敬久知事と穂積志秋田市長との会談後、秋田市の陸上自衛隊新屋演習場が地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の「適地」であるとの考えを改めて示した。一方、佐竹知事は新屋への配備について現時点では容認できないと指摘。穂積市長は「評価をする段階ではない」と述べた。新屋演習場が適地かどうかを巡る判断に大きな違いが出た。

 調査報告書にずさんなデータを記載していた問題に関し、佐竹知事と穂積市長に謝罪した岩屋氏。会談終了後の取材に対し「(ずさんデータの)角度の問題だけではなく、インフラなどさまざまな要素を検討した結果、新屋演習場が適地と判断した。この段階でそれを変えるような材料があるわけではない」と主張。その上で「まずは信頼回復が第一。より正確なデータを持って説明し直したい」と述べた。

(全文 685 文字 / 残り 329 文字)