このままでは検証不可能 防衛相・穂積秋田市長のやりとり

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田市役所で穂積市長(右手前)と面談する岩屋防衛相(左手前)
秋田市役所で穂積市長(右手前)と面談する岩屋防衛相(左手前)

 地上イージスの配備計画を巡り、17日に秋田市役所で会談した岩屋防衛相と穂積志市長との主なやりとりは次の通り。

 市長

 地上イージスの配備候補地として新屋演習場を検討しているという(情報が出た)のが唐突だったこともあり、住民は「新屋ありき」という思いを持っている。そういう中で、配備の前提となる他の国有地との比較についての調査内容に、大きな間違いがあったことは重大な案件だと受け止めている。また、住民説明会で居眠りをするというのは、防衛省の言う「地元住民の立場に立ち、寄り添って丁寧に説明する」に反する行為だ。防衛省への信頼を失わせる結果になってしまったことを、残念に思う。原田憲治副大臣が訪れた際に、「地元の理解が得られるまでは物理的な工事などには進まない」との約束があった。報道では、2020年度予算案の概算要求には費用を計上しないとある。現在の状況はどうなっているのか。

(全文 821 文字 / 残り 434 文字)