能代工、初の決勝進出 春季東北高校軟式野球

お気に入りに登録

 第13回春季東北高校軟式野球大会は17日、福島県の白河グリーンスタジアムで準決勝を行い、秋田県代表の能代工は弘前工(青森第1)を4―1で下し、初の決勝進出を決めた。

 能代工は五回、田村藍の中前打、四球などで1死満塁とし、佐々木、近藤の連打で4点を先行した。近藤は6安打1四球の1失点で完投した。

(全文 192 文字 / 残り 44 文字)