大館市に養豚場、21年操業予定 出荷頭数東北有数規模

お気に入りに登録

 「桃豚」の銘柄豚で知られるポークランドグループ「十和田湖高原ファーム」(秋田県小坂町)が、大館市に養豚農場の建設を計画していることが17日、明らかになった。出荷頭数は東北有数規模の年間7万8千頭。2021年4月の操業開始を見込んでいる。

 同社によると、農場は同市山館字沢の市有地に建設する。面積約20ヘクタールで、施設は豚舎16棟、堆肥処理施設2棟、排水処理施設1棟、調整池など。年内に造成工事を始め、施設は来年度建設する計画。総事業費は積算中。市は同社に土地を賃貸しする。

(全文 484 文字 / 残り 246 文字)