釣り人確保へ北秋田市の2漁協奮闘 来月1日、アユ釣り解禁

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
新たな釣り場にアユを放流する阿仁川漁協の菊地組合長
新たな釣り場にアユを放流する阿仁川漁協の菊地組合長

 7月1日に秋田県内の多くの川でアユ釣りが解禁される。アユ釣りの名所が多い北秋田市では例年川だけでなく、宿泊施設やおとりアユの販売所が釣り客でにぎわうが、アユは年ごとの遡上(そじょう)量が安定せず、不漁の年は観光客が大幅に落ち込む。鷹巣、阿仁川の市内2漁協は従来の放流に限らず、地域の重要な観光資源であるアユの釣り場を安定的に確保できるよう、独自の取り組みを行っている。

 昨年、県内を含む日本海側の各地でアユは遡上が少なく、記録的な不漁に見舞われた。特に米代川水系では大雨による増水や川の濁りなども加わり、釣り愛好家は「過去最低の釣果」と口をそろえた。

(全文 1236 文字 / 残り 960 文字)