浅利純子さんが坂道の走法伝授 比内支援かづの校で練習会

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
生徒たちに坂道の走り方を指導する浅利さん(右)
生徒たちに坂道の走り方を指導する浅利さん(右)

 秋田県鹿角市の比内支援学校かづの校の児童、生徒が元マラソン選手の浅利純子さん(49)=同市=と一緒に走りを磨いている。7月と10月に行われる校内ロードレース大会に向けた取り組みの一環。子どもたちは、1993年世界陸上選手権で優勝するなど国際舞台で活躍した浅利さんの技術を吸収しようと懸命だ。

 同校は昨年、児童、生徒が校舎周辺の約3・1キロを走るロードレース大会を新たな学校行事として始めたことを機に、浅利さんを招いた練習会を開くようになった。大会に向け、地元の先輩ランナーと触れ合いながら、正確な走法などを身に付けてもらおうと考えたという。

(全文 627 文字 / 残り 356 文字)

秋田の最新ニュース