131億光年先の銀河合体を観測 電波望遠鏡でとらえる

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
アルマ望遠鏡などの観測による合体銀河の合成画像(国立天文台などの研究チーム提供)
アルマ望遠鏡などの観測による合体銀河の合成画像(国立天文台などの研究チーム提供)

 地球から131億光年離れた宇宙で二つの銀河が合体している証拠をとらえたと、国立天文台などの研究チームが17日、発表した。宇宙の果てから飛んでくる電波を観測するアルマ望遠鏡(チリ)を用いた成果で、観測された銀河の合体としては最も遠い。

 観測した天体は、ろくぶんぎ座の方向にある「B14―65666」。この天体にある酸素や炭素、小さな粒子(ちり)が放出した電波をキャッチ。天体にある二つの銀河は地球からの距離がほぼ同じと分かった。私たちが住む天の川銀河よりずっと小さいが、約100倍も盛んに星を生んでいることも判明した。