竿燈本番へ技磨くぞ! 秋田市ねぶり流し館、児童が連日特訓

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
太鼓の練習に取り組む参加者
太鼓の練習に取り組む参加者

 8月3~6日に開かれる秋田竿燈まつりに向け、秋田市竿燈会(鈴木文明会長)恒例の竿燈講習会が、同市大町の民俗芸能伝承館「ねぶり流し館」で開かれている。小若演技、太鼓、笛の3部門に小学生から大人まで毎日250人ほどが詰め掛け、技を磨こうと汗を流している。参加自由。21日まで。

 竿燈の普及と伝承を目的に1985年から毎年この時期に開かれ、市竿燈会員が指導に当たっている。

(全文 698 文字 / 残り 514 文字)