舞踊家と秋田美大准教授がコラボ作品を披露【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
多くの観衆が見守る中、迫真の演舞を披露する池宮さん
多くの観衆が見守る中、迫真の演舞を披露する池宮さん

 秋田公立美術大の特別学外講師で舞踊家の池宮中夫さん(60)=東京都=と、同大准教授で美術家の村山修二郎さん(49)によるコラボレーション作品が19日、同大キャンパスで披露された。多くの学生や近隣住民が訪れ、池宮さんの全身を使ったパフォーマンスに見入った。

 作品タイトルは「手足は野性を礫(つぶて)と呼ぶ―Whereabouts do you―」。村山さんは大学正門内のサークルプラザ・エオス像周辺に、県内の海岸で拾い集めたブイやロープなどを配置。そこを舞台に、顔を墨で黒くした池宮さんが体をくねらせたり、地面をはうように動いたりした。予想できない展開に、観衆の視線はくぎ付けになった。

(全文 629 文字 / 残り 336 文字)