岩屋氏「防衛省が反省し、一から出直す」 イージス調査ミス

お気に入りに登録

 防衛省は19日、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」配備計画を巡り、事実と異なるずさんなデータを調査報告書に記載していた問題などを受け、同省内に新設した整備推進本部の初会合を開いた。

 岩屋毅防衛相は、地元の反発が強まっている現状を踏まえ「省全体が反省し、一から出直す気持ちで検討を進める必要がある」と述べた。防衛省は、秋田魁新報社が防衛省の記者クラブに所属していないことを理由に、会場内での取材を断った。

(全文 515 文字 / 残り 308 文字)