角館「西宮家」の蔵、宿泊施設に 改修し、今秋オープン

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
いろりなどを配置し、リビング空間とした1階のイメージ(JR秋田支社提供)
いろりなどを配置し、リビング空間とした1階のイメージ(JR秋田支社提供)

 JR秋田支社は19日、秋田県仙北市角館町の観光施設「西宮家」の二つの蔵を改修し、宿泊施設として今秋オープンさせると発表した。JRと同市、田沢湖・角館観光協会の3者による連携事業の一環。インバウンド(訪日外国人客)を中心に滞在型観光の需要の取り込みを図る。

 西宮家は商家や蔵が並ぶ外町(とまち)の一角にあり、五つの蔵と一つの母屋からなる市所有の施設。史料館やレストランなどが入り、市の第三セクター「西宮家」が運営している。

 改修するのは「前蔵」(1919年築、延べ床面積約95平方メートル)と「ガッコ蔵」(建築年不明、同70平方メートル)で、いずれも木造2階建て。現在はツアー客の食事場所と、漬物の販売所として活用されている。

(全文 679 文字 / 残り 366 文字)