「秋田沖も発生の恐れ」専門家 震源は「ひずみ集中帯」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 日本海側では、これまでも大きな地震がたびたび起きている。専門家は、秋田沖でも今回の地震と同等か、それ以上の規模の地震が発生する可能性があると指摘している。

 山形沖を震源とする今回の地震は、ひずみがたまりやすい「ひずみ集中帯」と呼ばれる領域で発生した。マグニチュード(M)が7・5だった1833年の庄内沖地震、1964年の新潟地震(M7・5)と震源が近い。

 83年には、秋田、青森沖を震源とするM7・7の日本海中部地震が発生。県内の83人を含め104人が死亡した。

(全文 463 文字 / 残り 231 文字)