「秋田の上位進出期待」 Bリーグ大河チェアマン、本社訪問

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
リーグのビジョンなどについて語る大河チェアマン
リーグのビジョンなどについて語る大河チェアマン

 バスケットボールBリーグの大河正明チェアマンが19日、秋田魁新報社を訪れた。Bリーグ1部(B1)秋田ノーザンハピネッツ(秋田NH)の2018~19年シーズンを「苦しい戦いになると思っていたが(B1残留で)いい意味で覆してくれた。選手全員で守り勝つプレースタイルに秋田らしさを感じた」と語った。定期的に行っているチーム訪問の一環で、秋田NH社の水野勇気社長も同席した。

 大河チェアマンは、JR秋田駅東口に12月に完成するスポーツ施設について、「(住環境や練習環境の面で)秋田に来ることに抵抗感がある選手がいるかもしれないが、施設ができれば次シーズン以降のチームが置かれる環境も変わるだろう」と期待を込めた。

(全文 586 文字 / 残り 283 文字)