大曲の花火「新たな一歩を見て」 初のミュージカル形式

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
8月31日に開かれる「大曲の花火」ポスター
8月31日に開かれる「大曲の花火」ポスター

 秋田県大仙市で8月31日に開かれる第93回全国花火競技大会(大曲の花火)の実行委員会が19日、大曲商工会議所で会見し、大会提供花火の脚本と演出を手掛ける劇団わらび座(仙北市)の栗城宏さんが「大曲の花火の新たな一歩を見てほしい」とPRした。

 山場の大会提供花火は初のミュージカル形式。「令和祝祭」と題し、平成に生まれた女性が新たな一歩を踏み出すストーリーを、わらび座俳優のせりふや音楽とともに送る。

 栗城さんは、災害からの復興や未来を担う子どもたちへの思いも台本に盛り込んだと説明。「花火の爆音とともに、俳優のせりふや平成のヒット曲のメッセージがどうお客さんに届くかを楽しみにしている」と話した。

(全文 482 文字 / 残り 184 文字)