カタガミジャー、潟上PRへ一役 市と地元企業が覚書締結

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
藤原市長とイラストの使用許諾に関する覚書を交わした伊藤社長(右から3人目)
藤原市長とイラストの使用許諾に関する覚書を交わした伊藤社長(右から3人目)

 秋田県潟上市のご当地ヒーロー「ふるさと宣隊カタガミジャー」を市の広報活動に生かそうと、市は18日、イラストの著作権を持つ地元印刷会社クイック(伊藤正人社長)と、イラストの使用許諾に関する覚書を締結した。カタガミジャーの使命は、潟上市を広くPRすることといい、市は広報やホームページ、ふるさと納税の返礼品などさまざまな物品に登場させ、話題づくりに活用したい考えだ。

 締結式は市役所で開かれ、藤原一成市長と伊藤社長(51)が覚書を交わした。藤原市長は「カタガミジャーは民間から生まれた魅力的なキャラクター。市の発信力向上に力を貸してもらい、ありがたい」と話した。

(全文 714 文字 / 残り 434 文字)