集英社、出版社初のチャットノベルアプリ配信 『NARUTO』『ONE PIECE』などが読める

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
集英社が配信したチャットノベルアプリ「TanZak」 (C)集英社
集英社が配信したチャットノベルアプリ「TanZak」 (C)集英社

 集英社が20日、スマートフォン向けチャットノベルアプリ「TanZak(タンザク)」の配信をスタートさせた。出版社初のチャットノベルアプリの配信となり、『ハイキュー!!』『NARUTO』『ONE PIECE』など人気漫画のノベライズやオリジナル作品を読むことができる。

【画像】キャラ同士のトーク感覚で読める!ノベル版『銀魂』の画面

 チャットノベルアプリは、横書きのテキストをタップしながら読み進めるスマートフォンに最適化された新しい物語形式。キャラクター同士の会話を覗き見するような感覚で気軽に物語を読めるのが特徴で、ティーンエイジャーを中心に世界的に広まっている。

 欧米ではアプリ売上ランキングの上位にチャットノベルアプリが入ってきており、日本でも2017年にDMMグループであるピックアップ株式会社が2017年に日本発のチャット型小説アプリとして「DMM TELLER(ディーエムエム テラー)」を配信し、新しい投稿プラットフォームや作品が生まれてきている。

 今回配信された「TanZak」は大きく3つの特徴があり、1つ目はスマホにあわせたチャットノベルならではの表現。掲載作品はすべて、1話3分程度で読める長さ(約1200~2000字)に区切り、会話の発話者を入力したチャットノベル形式で配信する。アプリ内を彩る公式キャラクターは人気クリエイターmy(マイ)氏による「タンザクねこ」で、1話読了するごとに、読者は「タンザクねこ」のスタンプを通じて、作家に感想を伝えることができる。

 2つ目は、『週刊少年ジャンプ』のノベライズから往年の大ベストセラー作、オリジナルの新作までそろえた充実のラインナップ。プロの作家による小説のみを厳選し、配信作品は「JUMP j BOOKS」「集英社コバルト文庫」「集英社オレンジ文庫」「スーパーダッシュ文庫」「ダッシュエックス文庫」のベストセラーを中心に、40作品・総話数1000話以上からスタート。『週刊少年ジャンプ』を始めとした人気漫画のノベライズや、ハリウッド映画原作にもなった『All You Need Is Kill』、累計発行部数800万部超えのベストセラー『なんて素敵にジャパネスク』など、集英社がこれまで出版してきた豊富な名作がチャットノベル形式で新しく生まれ変わる。

 3つ目は、毎日新作が追加され、毎日無料で読めるということ。「TanZak」では、毎日1作品が新規に配信され、すべての作品において冒頭部分を無料配信される。続きは、アプリ内通貨の「コイン」を使って読むことができ、無料コインは30枚以下になると40分ごとに1枚付与されるので、毎日無料で作品を読むことができる仕組みに。一度読んだ話は72時間読み返し可能で、漫画アプリのように気軽に1話ずつ小説を読むことができる。

 担当者によると、アプリ名の『TanZak』は、横長のチャットボックスを「短冊」に見立てながら、「短く」「サクサク」物語を読む体験を表す言葉として命名したという。デジタルの世界で多様なコンテンツが溢れる、集英社は『TanZak』を通じて、小説の新しい楽しみ方を提案していく。

■掲載作品の一部
All You Need Is Kill、カンピオーネ!、黒子のバスケ―Replace―、小説版 アオハライド、小説版 俺物語!!、NARUTO -ナルト- ナルト新伝、なんて素敵にジャパネスク、ハイキュー!! ショーセツバン!!、BLEACH WE DO knot ALWAYS LOVE YOU、マリア様がみてる、メルへン・メドヘン、約束のネバーランド ~ノーマンからの手紙~ 、劣等眼の転生魔術師 〜虐げられた元勇者は未来の世界を余裕で生き抜く〜、ONE PIECE novel Aなど。