『銀魂』完結も読者は信じず「終わる終わる詐欺だろ?」 過去に3度の完結告知…

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
漫画『銀魂』完結記念のキャンペーンサイト (C)空知英秋/集英社
漫画『銀魂』完結記念のキャンペーンサイト (C)空知英秋/集英社

 『週刊少年ジャンプ』『少年ジャンプGIGA』と掲載誌を移しながらも最終回を迎えられず、漫画アプリ『銀魂公式アプリ』で連載していた漫画『銀魂』(作者:空知英秋氏)が、20日に配信された第704話「天然パーマにロクな奴はいない」でついに完結した。3度の完結の告知、最終話の配信延期(※17日配信予定)など紆余曲折を経て、空知氏の初連載が約15年半の歴史に幕を下ろしたが、ネット上では「どうせまた終わる終わる詐欺だろ?」「得意の最終回詐欺かと思っていたらガチで最終回なの?」「銀魂最終回なんて信じないからな」などと完結したことを信じない読者の声があがっている。

【画像】本当に完結…『銀魂』最終話の冒頭ページ

 同作は、昨年9月に『週刊少年ジャンプ』で完結する予定だったができず、掲載誌を移して、12月より完結に向けて『少年ジャンプ GIGA 2019 WINTER』で連載していた。しかし、今年3月にまたも完結できないことが発表され「完結できず申し訳ありません」と謝罪。銀時が土下座している姿が描かれた担当編集のお詫びページが掲載され、異例の事態が話題に。その後、5月13日より再び完結に向けて『銀魂公式アプリ』で連載を再開させた。

 今月17日に「最終訓」と題した第3回目“最終話”が配信される予定だったが、14日に「少年ジャンプ編集部」の公式ツイッターで20日に延期されることが発表され、「楽しみにされていた読者の皆様 度重なる延期大変申し訳ありません」と空知氏の謝罪コメントが掲載。「現在6月13日木曜深夜、銀魂最終回ついに完成しました」「20日まで待ってください。今回はガチで終わります!」と20日に配信される物語で完結すると説明していた。

 そして告知通り、15年半にわたる連載を締めくくるストーリーが59ページのボリュームで掲載。虚による混乱も収束に向かう中、かぶき町の人々、万事屋の姿が描かれており、最後に「15年間のご愛読大変ありがとうございました!!」と書かれている。

 しかし、3度の完結の告知、最終話の配信延期などの事例があるため、一部の読者には「銀魂終わったの? 終わる終わる詐欺じゃなくて?」「銀魂最終回なんて信じないからな」などと、完結を信じない声が。それでも最終話を読み「終わる終わる詐欺からの本当の最終回で寂しいですけど…」「終わる終わる詐欺じゃなくて本当に銀魂終わったんやな」「銀魂は人生でした。終わる終わる詐欺にしてくれても構いませんよ!ずっと大好きです」と完結を惜しむ声が多くあがっている。

 2003年12月8日から連載がスタートした『銀魂』は、架空の江戸を舞台に「天人」と呼ばれる異星人らによって支配される世界で、甘党&無鉄砲な侍・坂田銀時が、新八・神楽ら仲間たちとともにさまざまな事件を解決する活劇物語。SF時代劇の世界観でコメディータッチに描かれており、コミックスは、74巻までの累計発行部数は5500万部を突破。

 06年4月からテレビ東京系でアニメを放送開始し、11年4月~12年3月まで第2期、15年4月から2016年3月まで第3期、18年1月から10月まで第4期を放送。俳優・小栗旬主演で実写映画『銀魂』が17年に公開され、その年の邦画No.1となる興行収入38億円を突破し、続編となる『銀魂2 掟は破るためにこそある』も公開された。

 作者の空知氏は、02年に『週刊少年ジャンプ』の『第71回天下一漫画賞』応募作『だんでらいおん』で佳作を受賞し、同年同誌42号(02年9月14日発売)に掲載。03年に同誌17号(03年3月25日発売)にて『しろくろ』を発表し、そして、同誌04年2号から初連載作品となる『銀魂』をスタートし、現在に至る。